支援者0

(300〜)円 税別 / 月
 
 
はじめまして。2022年、和歌山県紀南地方にフリースクール『まぁまる』を開設する小川康子と申します。

私はこの世の中を生きにくいと感じ、社会に馴染むために殻を被り、人に合わせる生き方を余儀なくしてきました。今、公教育に疑問を持っておられる方は、どれぐらいいらっしゃるでしょうか?子どもたちにとって、学校は楽しい場所でないと意味がないと思います。
何が原因なのかは人によって違いますが、少なくとも、学校に行けない、行かない子どもさんの中には、本能的に、この社会の何かに疑問を抱いているお子さんもいらっしゃると思います。人と違う感性を持っていたり、違う事をしたいという、知能の高いお子さんもいらっしゃると思います。個性を大切に!という育て方が見直されている中、今の教育方針は果たして個性が大切にされているのでしょうか?
その子の持つ能力を伸ばしてあげれば、子どもの持つ可能性は無限大です。
能力、特性を見極め、個性を理解、認めてあげることで、たくさんの子どもが救われると信じています。

実際、スクールカウンセリングをされている先生方からも、そういった子どもたちの居場所を作ってあげて欲しい!引きこもりから脱してあげたい!というお声をいただいています。和歌山県紀南地域に、フリースクールをつくりたいというお母さんのお声も沢山聞いてきました。

何が足りないのか?それは設立しようとする者です。私は農家さんで働いていて、教育者ではありません。しかし、人と人を繋ぎ会わせ、沢山の方々のご協力を頂き、スクールを設立する事は可能です!ボランティアでやっていく覚悟も出来ています。スタッフのほとんどは、元学校教諭、生活支援員、スクールカウンセラー、管理栄養士などです。私は覚悟を決めてくれたスタッフに、少しでも謝礼をしたいと思います。

子どもたち自身が企画するイベントや、マルシェの開催、地元アドベンチャーワールドを通しての情操教育、有機農業、各種仕事に繋がる講座(熊野古道ガイド養成、お香作り、ヨガ、整体、裁縫、アートセラピー、カラーセラピーなど)多様のカリキュラムを取り入れた学校をつくりたいと思います!

年齢も関係なく、昔、学校に馴染めなかったおじいちゃん、おばあちゃんにも、もう一度通って頂き、学校は楽しいところであることを肌で感じてもらいたいと思っています。親子、孫さんと一緒に是非通っていただけたらなと思っています。どうか、この学校をうまく存続させていくために、ご支援をお願いしたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。