支援者0

(300〜)円 税別 / 月
 
 
丹後の絹を丹後の森の間伐材で染めた
「森の絹」のブランド“TANGO ARBOL”をスタートします。

私は海外数ヵ国と日本を行き来しながらアパレルデザイナーとして活動してきました。
インドネシア、ミャンマー、ヨルダン、アフガニスタン、カンボジアといった国々です。
これらの国々のシルクに特化して物作りをしてきました。
しかし、コロナに加えてクーデターもおこり、海外との仕事はストップしてしまいました。
そんななか、縁あって丹後の絹と出会い魅了され「この絹で新しいブランド」を作ろうと、誰も知り合いのいない丹後の地に即座に引っ越してきたのが半年前です。
そして、丹後の森の間伐材である檜や杉を使った「原木染」によってまるでレザーのような風合いになった絹と出会ったのです。
それから、蚕がいちばん最初に吐き出す糸を寄せ集め織り上げた「キビソ」というものがあります。
これが、素晴らしく暖かいのです。
ダウンよりしっとりとした、たとえようのないぬくもりを是非味わっていただきたい。
ブランドの名前は
“TANGO ARBOL”
タンゴといえばアルゼンチンタンゴ。
男女の奏でるセンシュアルな踊りと音楽です。
そんな絹の服を作りたいと思いました。
ARBOLはスペイン語で樹木を意味します。
樹木について文献を読み漁るなかで、「樹木は両性具有である」という1文があり、それがとても腑に落ちました。
だからセンシュアルでありながらジェンダーレスな物作りをしていきます。

丹後の絹で再起を賭けたい。
どうぞご支援よろしくお願いいたします。

★ご支援いただいた方には金額に応じて、丹後の原木染絹でオーダーメイドの服をお作りさせていただきます。

お問い合わせは
nmiura1014@gmail.comまで。
私の活動は下記をごらんください。
sns:
Instagram:naokobonbon