支援者0

(300〜)円 税別 / 月
「慈愛」から発するマッサージなら、本当はお金を取りたくない。

プロフィールをご覧頂きありがとうございます。

沖縄在住で出張訪問型タイ古式マッサージセラピストをしております
横田純一(よこたじゅんいち)49歳、男性でございます。


いわゆる「業界の相場」や色々な計算から考えるのを捨てて
自分の「気持ち」から料金を設定したら
結構安くなっちゃいましたが、スタートさせました
もっと下げてもいいと思っています

もちろんそれでも、私がお客さんの信頼を得られず、閑古鳥がなくのなら
それでサポートを求めるのはお門違いに思いますので
もし私がフル稼働出来て、それでも生活が厳しい、あるいは体がもたず調整が必要だ
というようなことがあったら、改めて支援を求めたいと思います

が、それでも

「いや、その気持ちに乗ってサポートしてやるぞ!」

なんていう方

はたまた「もっとこうしたら色々いいんじゃないか?」

なんていうアイディアが思いついちゃった方
などいらっしゃいましたら
ホームページにあるメールアドレスにご一報いただければ幸いです


かつて私は「もみほぐしのお店」からこの業界に入りましたが、自分で勉強するなかで、たくさんの
それこそ矛盾するような内容の情報の中に呑まれ
こりゃあ医者も看護師も救急も柔道整復も全部出来ないとダメなんじゃないかと思い
また自分の年齢も思い、辞めてしまいました

それでももう一度やってみようと思ったのは
かつて近しい人や大事な人をいたわるためにマッサージした時の「気持ち」を思い出したからです
それが
「受け手の健康と幸福を祈る」ところからスタートするタイ古式マッサージとリンクし、学びました
開業当初は「相場」から考えて料金設定していましたが
どうもモヤモヤして、それが引っかかって積極的な集客に動くことが出来ず考え直したわけです

「近しい人に1時間マッサージしたとして、もらえるとしても千円かなあ」
って具合です
どんな技術や知識を駆使したとしても、それは変わらない気がします

世間には「もみほぐし」「整体」「整骨院」「タイ式」「ハワイ式」などなどがあり
勉強しようと調べれば、それぞれがそれぞれの理論とやり方を展開し、時に否定しあったりして
端からみれば矛盾しているような内容が絡まって
バカな私はまんまと絡まって動けなくなったわけですが、それもこれも

「触れる」という不思議

と、その可能性によるものなのではないでしょうか

高校生の時、虫垂炎にかかって、手術台の上でガタガタ震える私に、圧倒的な安心感を与えたのは
医師の分かりやすい説明でも、効果的なリラックス法の伝授でもなく
私の手を握ってくれた看護師さんの手でした
まるで全身の血液が一気に周り始めたかのような爆発的な安心感を得たような記憶に残っています
たぶん免疫力なんかも上がっちゃったんじゃないでしょうか
もちろん看護師さんは、手のツボを的確に刺激したわけではないでしょうし、特別な資格をもった握り方をしたわけでもないでしょう
あれはなんだったのか
解剖学的に、医学的に説明されたとしてもピンとこないでしょう

「触れる」ことは未だに「不思議」なんです

その不思議を想って、相手を祈る

出来ることは、実はそれだけのような気がします


また、タイ古式マッサージはタイの伝統医療の一部であり
創始者のシワカ・コマラパさんは、お釈迦様の主治医だったそうで
そんな方が、「60分4000円ね」なんて言うはずもなく
その「気持ち」も学ぶなら、やっぱり、、。


と言うわけで
見事私も、うさぎの穴に落ちて「不思議の国」を旅することになりました
その旅路を見守り、はたまた共感して下さる方がおられようものなら嬉しい限りです。


皆様の日々が、健やかで幸福に満ちたものでありますことを
お祈り申し上げます。


横田純一

沖縄 出張タイ古式マッサージ 体音(タイオン)
https://tai-on.amebaownd.com






世界も社会も「情報」になり、コミュニティも「隣近所」ではなくなって
さらに、科学も宗教も、言葉が違うだけであり、情報もまた絵空事であるならば
いっそのこと、世界も社会も宇宙も科学も、全部嘘だって位の視点に立ち
目の前の貴方に触れることから、新しい自分だけの地図を作ろう

触れることで変化するものがあり
触れることで始まり、そして終わることがある


本州の東端の海の町で生まれ、東京を経由して沖縄で暮らしています
受け手の健康を幸福を祈るところからスタートするタイ古式マッサージに惹かれ
筋肉やら組織やらを超えた「あなた」に触れ、祈ることで
世界が変わってゆくことを見届けたい