支援者0

(300〜)円 税別 / 月

自己紹介


はじめまして、福岡県出身の原周輝と申します。
現在僕は都内の大学で映画を専攻しています。


日本の映画業界を変えたい!


僕は日本で A24×Netflix のようなプラットフォームを作るのが夢です。今の時代、簡単に映画が見れるようになって、映画好きの総数が増えてきていると思います。

しかし、名だたるラインナップのなかからあえて邦画を見る層は増えたのでしょうか。

SNS で映画好きを名乗る人達はいわゆる”洋画好き”が圧倒的多数です。ストリーミングでコアな音楽好きが増えて多様化していったように、映画でも同じような事が起こっています。今の映画配給のように万人ウケするものを作らずとも、ハイセンスな目をもっている映画好きに刺さる作品を作りたいのです。

そこで指標にするのがアメリカのアート系の配給
会社 A24です。あそこの作品は芸術性と商業性のバランスが丁度いい。そういった作品は日本でも作れると思います。これからの時代は、海外を前提にした作品を作っていかないと韓国や中国に置いていかれてしまいます。日本映画はまだまだやれる。それは芸術性だけ前進させるのではなくて、きちんと産業として盛り上げていく必要があると思います。

僕はそんな日本映画の輝きを取り戻すために活動しています。

今はアイデンティティを確立するために作品作りに奔走していますが、ゆくゆくは Netflix のような配信サービスを立ち上げたい。映画の興行収入は映画館でのチケット売り上げに依存しています。なので海外からの外資を日本に落とすためには向こうで映画をかけなければなりません。

でもストリーミングサービスならどうでしょうか。すでに MUBI や Disney +などのサー ビスは作品をオンライン上映しています。日本にもそういったサービスはありますが、海外展開がどうもまだまだだと思います。映画館で映画を見るという前提が崩壊すると色んな障壁が取り払われます。しかし、そんな時代はもう目の前に来ています。

音楽やアニメが世界を越えたように日本映画もジャンルとして普及すべきなのです。

僕は日本映画の希望になって、産業を変えてみせます。少しでも応援してくれる人、協力してくれる方を募集しています。

全国の映画好きのみんな、日本映画を変革する時が来たのです。


原周輝の活動内容


大学の映像製作ゼミや映画プロデュースラボで学んだ知識を活かし、海外で評価されるような映像作品の製作をしています。
初監督作品『赤い帽子』は見事クラウドファンディングを達成しました。その次に製作した『生と死と夢と』は大学内でとどまらず多くの人を巻き込んだものとなりました。
ロマンチックとは何かというテーマから撮った『ふたりだけの宇宙』(現在YouTubeで公開中)という作品は数々の映画祭で入選しました。
この作品を機に、映像製作チームREDCAPというものを立ち上げました。
海外で認められた後に日本への逆輸入を狙い、文化的に日本映画を救うというのが大義名分です。
現在SF長編映画『メルと動物』に挑戦中です。クラウドファンディングもありがたいことに目標金額を達成しました。(https://motion-gallery.net/projects/mereofficial)これからも世界で活躍する映画監督を目指して頑張ります。

Instagram:@shuki_hara (https://www.instagram.com/shuki_hara/?hl=ja)
YouTube:Shuki Hara (https://www.youtube.com/c/ShukiHara)
Twiter:@harasyuki0607 (https://twitter.com/harasyuki0607?s=20&t=cR6cEWNd7kTT_IeduAwiAg)


doukei.でご支援してくださった方へのお礼


ご支援してくださったお礼としましては、SNSのフォローバックを全員にさせていただきます。
InstagramでもTwitterでもフォローしてDMを送ってくださると幸いです。
また月5000円以上ご支援してくださる方には、僕のデジタルアート作品(100枚限定、0.05ETH=15000円相当)を毎月譲渡させていただきます。
デジタルアートですがNFTによる配布になるのでご安心ください。詳しくはご連絡させていただきます。
(https://opensea.io/Japaman)

#原周輝 #ShukiHara #Japaman #映画 #Movie #映画監督 #アーティスト