支援者1

(300〜)円 税別 / 月
 
 
音で映像で絵で文字で喋り、あらゆる手段で伝えたい気持ちが止まりません
ここ10年くらい私の頭の中です

生まれてきた意味

好きなように生きよう

・変えられないことを手放す
(どうにもできない事をどうにかしようじゃなくその現実を手放す)
・心から自然と沸き起こる気持ち優先で動く
(こうなった方が、こうした方が、周りに喜ばれるのでは?と人からどう思われるか基準をやめる)

変えられない現実を手放す

◉人生の途中で右上肢身体障害者3級になった私。元の機能を失ったら自分の意志ではどうにも出来ない。

今まで出来ていたことが突然出来なくなる。それまで想像出来ない気持ちでした。

・肘の回転が機能しない
・肘から手首にかけて親指側は麻痺
・親指は物を掴める一定方向のみ可動
・植皮で見映えは最低限維持
※長袖を着ると見た目には全くわからない

この見た目にわからないという特徴が、
こんなにも葛藤するなんて、
人に伝えないと理解されない、
障害部位だけを切り取って見られると
「福祉に結びつけられる」
福祉枠になってしまえば
「挑戦を遮られ」
一般同等の挑戦をしようとすると
「障害部位が邪魔をする」
人生の半ばで
「初めて障害者になったのだから」
どんな事が出来るかやってみないと
まずもって自分がわからないのに
これまでの世間のルールは
なるべく少ない転職回数でひとつの会社に長くいると信用されるというものが一般的でした。
これに納得できずにいましたが、どうにもなりませんでした。

どうにかしなきゃを捨て、人にどう思われようが何がなんでも自分が楽しむ 
そう決めました。

心から沸き起こる気持ち優先

◉やってみたい、行ってみたい、関わってみたい、喋ってみたい、未知なる世界を覗いてみたい、本当の自分の魂の声に従う。

この世を去るとき履歴書をもって眠りにつくわけでもなく、それまでに得たお金や物を抱えて持っていけるわけでもない。
たくさんやったなぁ!という経験値は魂が持っていける。
その思いだけで、状況に応じていろんな働き方をしました。

両親の最期を看取った時、合ってる私はこれで合ってる!
世間一般の常識的な生き方ではないけど、
いいんだと確信しました。
大きな愛を感じ感謝でした。
常識に囚われない転職回数に働き方で、業種、職種様々の経験が出来たことをラッキーと思えました。

心から対等で平等で平和な社会

「依存」させて「支援」「課題解決」に対価が支払われ、同じ「人」同士の中で、階層を作り「支配と依存」の繰り返しの関係性に生まれるビジネスを終わらせる。

困ってる人のために、何かしなきゃ!の思考は、いいことのようで、人を人に依存させてしまい、本当の人の為にならない
障害者って名称や別枠や特別扱いや仕組みや全て無くなった方が対等で平等で自由で幸せです。

それをもっと魅せていきます。
見守りよろしくお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

アウトプット
https://note.com/norizo77
https://instagram.com/nori_zo77