支援者0

(300〜)円 税別 / 月

合同会社 evoLife ~エボライフ~ とは


こんにちは!はじめまして。

合同会社 evoLife
代表 細井利江子
と申します。

evoLifeは2022年1月に設立したばかりの、

『体』と『心』と『魂』に向き合い、
それら全てを健康に導く会社
です。

1人起業なので、活動・業務はすべて私が行っています。
evoLife = 細井利江子 という形で以下、自己紹介をさせて頂きます。


私は現在、福島県福島市にて

【整体師】
【フィットネストレーナー】
【心のヨガ講師】
【アカシックリーダー】
  として

●整体院を経営
●健康教室の運営・指導
 (地方自治体からの委託)
●心のヨガ(ヨガ哲学・瞑想・マントラ瞑想・アーユルヴェーダ心理学・NVC 等)の指導
●アカシックリーディングセッション
●2022年1月に 合同会社 evoLife を設立

などの活動をしています。


プライベートでは、
〇中学生の子供を育てるシングルマザー
〇趣味はバスケ・ハンドメイド・サーフィン
〇最近は、バック転の練習と
 16年ぶりに再開したスノーボードにハマり中
〇なぜかどうにも恋愛が上手くいかない
 男性性強め女子 (←修行中)

です(*^^*)

プライベートでの目標は、
バスケで60歳以上の国体に出場することです!


職歴・経歴


20歳から23年間、フィットネストレーナーとして、幼児〜98歳の方の健康・体力づくりに携わる。

その間に

結婚・出産・離婚を経験。

鬱を発症し
通院 → 休職 → 職場復帰 → 鬱
を繰り返したことで
『気合い・やる気・根性』だけではどうにもならない世界を知る。


『体』だけではなく『心』にも向き合い、学び始めたことで、
『痛み』『繰り返す不調』『痩せられない』
などのお悩みが、
『心の問題』から来る という可能性に気付き、
『心』から『体』にアプローチしていくフィットネス指導を開始。


『心のこと』を学び続け、
心専門のヨガの国際資格を取得。


40歳の時、趣味のバスケットボールで膝の前十字靭帯を断裂。
また好きなバスケをやる為、入院して靱帯の再建手術をする。
リハビリの末、術後7ヶ月でバスケ復帰。


その怪我を機に、以前から本当は興味があったのにやらずにいた、整体の勉強をするべくスクールに通い始め、技術を修得し整体院を開業。
整体師として身体に痛みがある方に施術を行う。


ほぼ時を同じくして、
スピリチュアル系である『リーディング』という手法を受けた際、
自然に涙がボロボロ出て来て、分かって認めて貰えたような、守ってもらえているような、とても癒され自然体に帰れるような感覚になる体験をし、
『こんな風に人を救う道(仕事)もあるんだ!』と感動をして、
アカシックリーディングのリーダー養成講座を受講。
アカシックリーダーとしても活動を始める。



修了・取得資格


●整体師
●健康運動指導士
●トレーニング指導士
●体のヨガ講師
●心のヨガ講師
 (世界初・心専門の国際ヨガ資格
 全米ヨガアライアンス認定 RYT200)
●アカシックリーダー
●訪問介護員2級


今後の会社 及び 自身の活動


私が今まで学んできた、そしてこれからも絶えず学び続ける
技術 や 知識 や 叡智(えいち) は、
私自身を含め、多くの方々を救えると信じています。



これからは、まず自分自身がもっともっと、

『心』と『体』と『魂』 に向き合って、
自分の心が指差す方へ、
心地良く楽しく気楽に、
やりたい事を夢中でやって、
ただただ魂の使命を生きていこうと思います。

そしていつか、そんな感覚で生きることが全ての人にとって当たり前の世の中になるように、
これから法人としてさらに活動していきます!


以前の私と同じように、もしくはそれ以上に、⁡

『心の中に何か痛みがある』⁡
『体が痛くてやりたい事が思い切り出来ない』


人達を、
または⁡

『その痛む心に気付かずに、平気な顔でムリヤリ走り続けている』⁡
『痛みを我慢して、好きな事が出来なくても仕方がないと諦めている』


人達を⁡
私の人生をかけて1人でも多く救っていきたい。


SNS


会社関係SNS・細井のプライベートSNSなど、
活動が分かるリンク集です。

https://lit.link/evolife


メッセージ


『魂』がこの『体(肉体)』に乗り込み、
『心(感情)』というコンパスを携えて、
その針が指す方へ向かって好きに生きる。
それが『私』であり『あなた』そのものの姿です。


私はいつか、他の何者でもない
ありのままの『あなた』そのものに出逢いたい。


みんなで一緒に、
『自分そのもの』の、力を存分に発揮して
心地良く幸福だと感じられる人生を歩んでいきましょう!


最後までお読みいただき本当にありがとうございました!